pexels-photo-587835

こんにちは、もしくは、こんばんは。

 

 

ハッピーライフ研究家/Be意識(びいしき)トレーナーのさんちゃんです。

 

 

今回は「好きな相手から、どう思われたい?」というオハナシを致します。

 

 

想像してみて下さい。

 

 

目の前にいるのは、大好きな相手です。

 

 

その人から「可愛いね」って言われたい(思われたい)ですか?

 

 

それとも…

 

 

「好きだよ」って言われたい(思われたい)ですか?

 

 

おそらく、

 

 

「可愛いね」とも「好きだよ」とも言われたい。

 

 

が本音かもしれませんが(笑)、敢えて、二択にしましょう。

 

 

好きな相手から「可愛い」と言われたいか、「好き」と言われたいか。

 

 

当然、どちらを言われても嬉しい気持ちになりますよね。

 

 

好きな相手に言ってもらえるのであれば、「どっちでもイイ!」と思う人もいるかもしれません。

 

 

ですが、「可愛い」と「好き」はイコールではないんです。

 

 

もちろん、内包しているケースは多々ありますが…

 

 

極論、「好き」とは思っていないけど、「可愛い」と思っている。

 

 

 

 

「可愛い」とは思っていないけど、「好き」と思っている。

 

 

のどちらがいいですか?というハナシです。

 

 

であれば、相手が好きな人なら、後者ではありませんか?

 

 

さて。

 

 

どうして、こんな質問をしたのかと言いますと…

 

 

「可愛い」と「好き」は別物だというコトをお伝えしたかったからです。

 

 

「好きな人に振り向いて欲しい!」と思った場合、

 

 

「可愛く思ってもらえるように、頑張ろう!」と考える女性は多いですよね。

 

 

それはそれで素敵なんですけど…

 

 

どんなに可愛くなっても、相手から好きになってもらえる保証はない。

 

 

んですよ。

 

 

可愛くなるコトで「好き」だと思ってもらえる確率は上がるかもしれませんが、

 

 

絶対ではないんです。

 

 

「可愛くなったら、振り向いてもらえる」は事実ではありません。

 

 

逆を言うと、「可愛くないと、振り向いてもらえない」も事実ではないんです。

 

 

ですが、皆さん、恋をすると「可愛くならなきゃ!」と意気込みますよね。

 

 

これは動物が持つ「美意識」が働いた結果なので、至って自然な感情ですし、

 

 

可愛くなろう!と努力する女性は素敵だと思います。

 

 

思いますが…

 

 

この「可愛くならなきゃ!」が強すぎると、ハッピーライフが過ごせなくなってしまうんです。

 

 

「可愛い」=「好き」じゃない以上、どんなに可愛くなっても、好きな相手に振り向いてもらえなければ、

 

 

いつまで経っても満たされません。

 

 

また「可愛い」=「好き」の図式が強いと、「私は可愛くないから、好きな人に振り向いてもらえないんだ」と

 

 

自分を責めるコトになりかねません。

 

 

そんな気持ちで過ごしている時を、ハッピーライフと言えるでしょうか。

 

 

以前、コチラのブログ「美意識は他人軸」とお伝えしました。

 

 

他人軸とは「他人がどう思うかで行動する行為」です。

 

 

「可愛くならなきゃ!」は「相手に好きって思ってもらいたい」という他人軸で構成されている感情です。

 

 

ですが、好きになるかどうかを決めるのは相手(他人)なので、

 

 

どんなに可愛くなっても自分の願いが叶う保証はないんです。

 

 

他人がどう思おうと、自分が「可愛い!」と思う姿になるコトを楽しめるのであれば、

 

 

その行為は自分軸です。

 

 

結果として、「そんな君が好き」と言う人が現れるかもしれません。

 

 

他人軸で可愛くなる行為を否定するつもりはありませんが、

 

 

縛られ過ぎると、辛い思いをするのは自分になってしまいますよ?

 

 

というコトが今回のブログの主旨でございます。

 

 

好きな相手から「可愛い」と言われたいか、「好き」と言われたいか。

 

 

是非一度、考えてみて下さい。

 

 

れっつ!死ぬまで毎日ハッピーライフ!

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事