こんにちは、もしくは、こんばんは。

 

 

ハッピーライフ研究家/Be意識(びいしき)トレーナーのさんちゃんです。

 

 

今回は「喧嘩にならないコミュニケーション」についてお伝えします。

 

 

最近、こんな話を聞きました。

 

 

AさんBくん(恋人同士)の会話です。

 

 

シチュエーション:些細なコトで揉めた後

 

 

Aさん「こんなコトになるなら、あなたと付き合うんじゃなかった」

 

 

Bくん「はぁ?!じゃあ、今まで一緒にいた時間、全部意味がなかったってコトかよ!?」

 

 

その後、破局を迎えたそうです。

 

 

更に、こんな話を聞きました。

 

 

CさんDちゃん(親子)の会話です。

 

 

シチュエーション:諸事情により、Cさんの料理をすぐに食べられなかったDちゃんが食事を口にした後

 

 

Dちゃん「これ、固いー!食べられないー!やだー!ママのバカー!」

 

 

Cさん「あなたがさっさと食べに来ないからでしょ!?」

 

 

その後、大喧嘩に発展したそうです。

 

 

さてさて。

 

 

これらの破局や大喧嘩は防げなかったのでしょうか。

 

 

さんちゃんはですね、「防げた」と思っております。

 

 

なぜなら、売り言葉買い言葉が原因だからです。

 

 

Aさんは本気で「付き合うんじゃなかった」と思った訳ではないでしょう。

 

 

その時の感情に任せて、「付き合うんじゃなかった」というフレーズを選んだだけなんです。

 

 

Cさんがカチンときたのは、「食べに来なかった」という事象に対してではなく、Dちゃんの言い方に対してだったんですよね。

 

 

喧嘩というのは、「その場の勢い」で起こります。

 

 

そして、得てして本筋とはズレた所で起こります。

 

 

だから、喧嘩にならないコミュニケーションを取りたいのであれば、「本筋からズレない」が基本なんですね。

 

 

どうすれば、本筋からズレずに済むのか。

 

 

これは相手に求めてもしゃーないコトなので、自分側で対処するしかありません。

 

 

今回のケースで言うなら、AさんDちゃんに「あなたが悪い!謝りなさい!」と求めてもしゃーないコトになってしまうのです。

 

 

「喧嘩を吹っ掛けてるのは、AさんDちゃんなのに!?」と思うかもしれませんが…

 

 

喧嘩をしたくないのであれば、「喧嘩は買わない」に徹するしかないんですね。

 

 

だって、相手の言動はこちらがコントロール出来るモノではありませんもの。

 

 

「付き合うんじゃなかった」と言われて、ムカチン!ときても

 

 

「Aさんの何が付き合うんじゃなかったと思わせているのか」に意識して、そういった返答をする必要があるんです。

 

 

「やだー!バカー!」と駄々をこねられて、ドカチン!ときても

 

 

「その言い方はやめて下さい。普通に言って下さい」と返す必要があるんですね。

 

 

そんな冷静でいられるだろうか…とお思いですかね?

 

 

慣れていないと難しいかもしれませんが、喧嘩って表層的なんですよ。

 

 

表層的な上、明後日の方向に突き進んでしまうので、コミュニケーションを取る行為として勿体ないんですよ。

 

 

さんちゃんはそのように思っています。

 

 

では、どうすれば冷静でいられるのか。

 

 

コミュニケーションにおける【マインド三大柱】の一つ、

 

 

余裕

 

 

ですね。

 

 

これに尽きます。

 

 

自分に余裕があればカチン!ときても、「ふぅ~~~~」と深呼吸が出来ます。

 

 

深呼吸が出来れば、「その場の勢い」に乗っかる確率が下がります。

 

 

「本筋は何か」を考える余裕が出来るんですね。

 

 

では、どうすれば余裕が培えるのか。

 

 

これは日々の生活が重要になってきます。

 

 

「日ごろから心に余裕がある状態で過ごせているかどうか」ですね。

 

 

日常にやりたくないコト、無理しているコト、我慢しているコトが多かったら、心に余裕は生まれません。

 

 

もし、「私、喧嘩してばっかりだな…」と思う方がいたら、日ごろの生活を見直してみて下さい。

 

 

自分を追い詰めていないかどうか。

 

 

自分に優しく出来ているかどうか。

 

 

自分に優しく出来る人は、他人にも優しくなれますよ!

 

 

れっつ!死ぬまで毎日ハッピーライフ!

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事