人から嫌われないようにすると嫌われる理由

こんにちは、もしくは、こんばんは。

 

 

ハッピーライフ研究家のさんちゃんです。

 

 

前回、「ハラスメント行為をされない為には、自分を超可愛がりましょう!」というオハナシをお届けしました。

 

 

詰まる所、「こんな可愛い私をイジメるなんて、許せない…!」という気概を持ってくださいっちゅー事です。

 

 

「許せない」と思えたら、ハラスメント行為を繰り広げる奴らに対して「何さらしとんねんやめんかいアホンダラ」な態度が取れるからです。

 

 

結果、自分を守れるという仕組みですな。

 

 

そんな訳で、思い切り自分を可愛がっていただきたいのですが、なぜか自分に厳しい人が多いんですよね。

 

 

「もっと出来るようにならなきゃ…」とか「ダメな私が悪いんだ…」とか。

 

 

はい、この考えは「自分を可愛がる」と真逆でござんすよ。

 

 

とかナントカ言ってますけど、さんちゃんも昔は「もっと頑張らなきゃいけない」精神バリつよで生きておりました。

 

 

そんなさんちゃんがユルさMAX、めちゃめちゃ自分を可愛がるようになったら、周りからも可愛がられるようになったんです。

 

 

顕著なのが、パートナーシップですね!

 

 

年々、コスモさんにめちゃめちゃ良くしていただいております♪(ぬはーん)

 

 

毎日、手料理作ってくださるし、掃除・洗濯してくださるし、アレしたいコレしたいと言ったら基本受け入れてくださるし、欲しいモノを欲しい!と言ったらご購入してくださるし、さんちゃんの好きそうなモノを揃えておいてくださるし…

 

 

もうさんちゃんね、こんなんです。

 

 

@feets.co

Cutest sloth video ever 😍 #sloth #sloths #slothplanet #slothlove #slothlife #animal #cuteanimal #cute #babysloth

♬ original sound - Feets.co

 

 

何これって?

 

 

ナマケモノですよ!ナマケモノの赤ちゃんですよ!

 

 

こんなんですさんちゃん。

 

 

(コスモさんに「そっくりだね」の太鼓判をいただきました✨くふ)

 

 

こんなに「ナマケモノ」なのに、可愛がってくださるのであります。

 

 

それは、なぜか?

 

 

間違っても「コスモさんがさんちゃんの事、大好きだからだよ~」なんて鳥肌が立つような薄ら寒い事は言わないでくださいねw

 

 

「さんちゃんだから」ではないんです。

 

 

「さんちゃんだから出来ている」ではなく、誰もが出来る理由がちゃんとあるんです。

 

 

その理由とは!

 

 

「ありのままの姿を出す人、自然体な人は誰だって可愛いから」

 

 

でございます。

 

 

逆の事をイメージしていただけたら、分かりやすいかもしれませんね。

 

 

例えば、「ぶりっ子」。

 

 

どんな印象をお持ちでしょうかね?

 

 

色んなご意見があると思いますが、「ぶりっ子最高!目指せ!ぶりっ子!」というのはあまり聞きません。

 

 

どちらかと言うと、ぶりっ子に対して否定的と言いますかね。

 

 

好意的な人は少ない印象がありますな。

 

 

他にも、「自慢する人」はどうですかね?

 

 

会った事ありません?

 

 

「俺も昔はさー」と過去の大したことあるのかないのか分からない栄光を語るオッ様。

 

 

「俺、〇〇と一緒に飲んだことあるんだよ」と有名人と知り合いアピールをして他人の肩書にノっかろうとするオッ様。

 

 

オッ様が取引先や上司、顧客、義父・義母なら「すごいですねー!?」とおだてないといけないかもしれませんね。

 

 

おだてながら、「ダッセ」と思った事ってないですかね??

 

 

さてさて。

 

 

ぶりっ子にしろ、自慢するオッ様にしろ、好感を持ちにくい理由が

 

 

「不自然だから」

 

 

だと思うんですよね。

 

 

自分を良く見せようと偽っている様子が滑稽に感じられるんだと思うんです。

 

 

鎧をまとっていると言いますか。

 

 

不自然である、偽っている、取り繕っている…そういった状態の人を良く思わない心理をご理解いただけるのであれば、

 

 

その逆の心理もご理解いただけるのではないかと思うんですが、いかがですかしら??

 

 

そう、「自然体の人には好感が持てる」という心理です。

 

 

これが自分を可愛がれば可愛がるほど、周りからも可愛がられる理論のカラクリだとさんちゃんは思っております。

 

 

自分を可愛がるというのは、ありのままの自分を受け入れる(ありのままの自分をヨシとする)事だと思っています。

 

 

「出来ない自分はダメだ…」と自責の念があれば、出来ない自分を周りに見せないようにしてしまうでしょう。

 

 

出来ない自分はありのままの自分の一部ですから、それを見せないようにしようとすればする程、

 

 

自分を偽る事になるんですな。

 

 

ありのままの自分を隠す事になるワケですから。

 

 

ほぅら、不自然な人が出来上がっちゃいますぞ。

 

 

不自然な人の究極例が「ぶりっ子」であり「自慢するオッ様」ですぞ。

 

 

「出来ない自分もアリ!」と受け入れてしまえたら、ありのままの自分を晒す事に抵抗がなくなります。

 

 

ありのままの自分を出せば…「自然体の人は好かれる」心理によって、周りから可愛がられるようになるんです。

 

 

考えてみてください。例えば、ぶりっ子ちゃんが

 

 

「ホントは私、ありのままの自分を出したいと思っているんだけど、自分の性格が好きじゃなくて…ついぶりっ子してしまうんだ…」

 

 

と本音をもらして、偽らない顔を見せたらどう感じますか?

 

 

なんか可愛げを感じませんか?

 

 

「そっちの方がいーじゃーん」と好感を持てませんか?

 

 

「自分の本性を見せたら嫌われる」と思っている人が多いようですが、逆だとさんちゃんは思っちょります。(体験談)

 

 

「自分の本性を見せないように取り繕えば取り繕うほど、人が好感を持つ自然体から離れていくから好かれない」だと思っちょります。

 

 

だから、自分をおもっくそ可愛がってください。

 

 

ありのままの自分、サイコーじゃん!ってしてあげてください。

 

 

なかなか出来ない…という方はアレが原因になってると思いますぞ。

 

 

ハッピーライフ研究家心得第一条「世の中に絶対的な善悪はない!」が落とし込めていない状態だと思いますぞ。(詳細はコチラ

 

 

善悪でジャッジしていたら、ありのままの自分を受け入れる事は出来ませぬ。

 

 

「出来ない自分はダメ(悪)」マインドになっておりますので。

 

 

だから、善悪ジャッジはポーイ!と捨てちまってくださいませね!

 

 

最後に。

 

 

さんちゃんがコスモさんから言われた一言をシェアしておきましょう。

 

 

かつてのさんちゃんはコスモさんの前でも「ちゃんとしてなきゃ!」と思っておりました。

 

 

ちゃんとしてない子はダメ!と善悪ジャッジをしておりましたからね。

 

 

ナマケモノになるなんて、もってのほかほか弁当…!!

 

 

だから、さんちゃんなりに一所懸命「ちゃんとした子」を演じていたのですが…

 

 

その話をした時に、クールでドライなあんちくしょうのコスモさんはサラリとこう言い放ちました。

 

 

「頼んでないのにね」

 

 

はい、しょーーーーっく…!!

 

 

なんかしらんけど、しょーーーーーっっっく……!!!

 

 

でも、そうなんです。

 

 

「こうならなきゃ!」と思っているのは勝手な自分の憶測に過ぎないんです。

 

 

だから、良かれと思って取り繕っている自分が必ずしも「相手に好かれる」に適用されない事を覚えておいていただけたら幸いでございまする。

 

 

可愛げのある「自然体人間」になっていただいた方が他者から好かれると思いまする。

 

 

自然体人間になる事=ありのままの自分を出す事=ありのままの自分を受け入れる事=自分を可愛がる事

 

 

イコール

 

 

ハラスメント行為も防げるって寸法ですよ!

 

 

れっつ!死ぬまでハッピーライフ!

 

↓✨投げ銭システム、導入しました!✨↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事