sisin

こんにちは、もしくは、こんばんは。

 

 

ハッピーライフ研究家/Be意識(びいしき)トレーナーのさんちゃんです。

 

 

今回は自分の適性についてお伝えします。

 

 

前々回の記事「やりたいコトを見つけ出しましょう!」とお伝えしました。

 

 

ですが、やりたいコトを見つけるって結構難しいんです。

 

 

なぜなら、やりたいコトを見つけて行動に移すには、

 

 

多くの人が指針を必要とするからです。

 

 

「やりたいコトをやる」言葉の裏には、「何をやってもいいんだよ」という意味が隠されていて、

 

 

「何にだってなれるんだよ」とも言い換えられます。

 

 

とても魅力的な響きですよね。

 

 

夢が広がりますよね。

 

 

まるで、少年漫画の主人公のセリフみたいですよね(笑)。

 

 

ですが、実際は。

 

 

「何にでもなれるって…漠然とし過ぎていて困る」

 

 

と思いませんか?

 

 

「もうちょっと具体的に示して欲しい」と思いませんか?

 

 

例えば、「あなたは職人に向いてます」や「営業職に向いてます」といった指針ですね。

 

 

「結婚に向いていません」とか「個人プレーより集団行動が合います」も指針です。

 

 

こういうフレーズは、心理テストの診断結果なんかでよくありますよね。

 

 

職業適性検査でもあるでしょう。

 

 

生年月日を基に導き出された占いの結果にも出て来ます。

 

 

「自分の適性は何か」

 

 

それを知った上で、初めて「自分は何にでもなれる」がシックリくるんです。

 

 

まったくゼロの状態で「何にでもなれるんだ!」は

 

 

やっぱり、少年漫画の主人公だけなんです(笑)。

 

 

さて。

 

 

それでは、どうやって自分の指針を見つけたら良いのでしょうか。

 

 

心理テストや占いですか?

 

 

もちろん、それも適性を探し出すツールとして有効だと思います。

 

 

ただ、生年月日で自分の適性を見つけ出せたとしても

 

 

世界中に同じ生年月日の人が何人もいる以上、確実に「自分の適性はコレ!」を見つけ出すのは難しいと

 

 

さんちゃんは思っています。

 

 

であれば、もっと自分に合った自分だけの指針を見つける方法はないかと

 

 

考えてみました。

 

 

自分に合った自分だけの指針を探し出す基本。

 

 

それは、自分に興味を持つコトです。

 

 

自分の内面ととことん向き合うコトです。

 

 

これはラクな方法ではありません。

 

 

ラクなのは、外に指針を求める方法です。

 

 

「職人に向いてます」や「営業職に向いてます」がそうですね。

 

 

簡単に答えを導き出してくれるんですから、ラクです。

 

 

自分で考える必要がないんですもの。

 

 

仮に、その指針が外れたと感じても

 

 

「あの診断結果を出した人が間違っている」と他者を責めればいいだけなんですもの。

 

 

ラクです。

 

 

ラクですが、それではいつまで経っても本当の指針を見つけられないと

 

 

さんちゃんは考えています。

 

 

だからこそ、自分に興味を持ち、自分の中にある自分だけの答えを見つけて頂きたいのです。

 

 

なので、さんちゃんは自分に興味を持つ方法や自分との対話方法について

 

 

今後もブログなどで発信を続けたいと思います。

 

 

それがBe意識(びいしき)トレーニングだと思っているからです。

 

 

ラクな方法を選ぶコトをさんちゃんは否定しません。

 

 

ただ、最終的に一番、自分がラクになれる方法はどれだと思いますか?

 

 

というご質問だけ、最後にお伝えしておきます。

 

 

れっつ!死ぬまで毎日ハッピーライフ!

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事