negative

こんにちは、もしくは、こんばんは。

 

 

ハッピーライフ研究家/Be意識(びいしき)トレーナーのさんちゃんです。

 

 

今回は前回に引き続き、「自分に興味を持つ」についてお伝えします。

 

 

しつこくいきますよ~~(笑)。

 

 

大事なポイントですからね~~(笑)。

 

 

さて。

 

 

あなたは「興味を持つ」という言葉を聞いて、どんなコトを連想しますか?

 

 

ファッションに興味を持つ。

 

 

料理に興味を持つ。

 

 

特定の誰かに興味を持つ。

 

 

「興味を持つ」と聞くと、多くの人はポジティブな感情から派生するモノと考えます。

 

 

ポジティブな感情というより「好き」という感情ですね。

 

 

ファッションが好きだから、興味を持つ。

 

 

料理が好きだから、興味を持つ。

 

 

あの人が好きだから、興味を持つ。

 

 

てな具合に。

 

 

ですがね。

 

 

「興味を持つ」って「好き」以外の感情からも生まれるんです。

 

 

むしろ、真逆の感情から生まれたりするんです。

 

 

ブログで何度か例え話に登場していますが、「今の政治は腐っとる!」と鼻息荒いオジサン達。

 

 

この人達は「今の政治」に対して、「好き」という感情は持ち合わせていませんよね?

 

 

ですが、ビックリするくらい「今の政治」について詳しいと思いませんか?

 

 

詳しいからこそ、「けしからん!」と非難出来る訳ですよね?

 

 

詳しく語れるというコトは、それだけ「今の政治」に興味があるんです。

 

 

興味があるから、「詳しく知ろう」と思えるんです。

 

 

「好きの反対は嫌いではなく、無関心である」

 

 

という言葉を聞いたコトがあるかもしれませんが、まさしくソレです。

 

 

オジサン達は「今の政治」が「嫌い」なんじゃないんです。

 

 

興味津々なんです。

 

 

なので、ちょっと脱線しちゃいますけど…

 

 

もし、誰かに対して「あの人、許せない!」と思っていたら、

 

 

それは「あの人に対して興味を持っている」ってコトですからね。

 

 

よーく思い返して頂けたら分かると思いますが、

 

 

許せないあの人のコトにやたら詳しくないですか?

 

 

「こんな人でこんな発言をしてこんな行動を取ってる!」って色々言えちゃいませんか?

 

 

言えちゃえるってコトは、それだけ「気にしてる」ってコトですからね?

 

 

本当に嫌いな存在であれば、無関心になれますから。

 

 

「勝手にやってろ」が貫けますから。

 

 

一応、お伝えしておきます。

 

 

さて、話を戻しましょう。

 

 

つまる所、「興味を持つ」って「好き」という感情から生まれるモノじゃなくてもイイってコトです。

 

 

「嫌だ」「何とかしたい」「許せない」という感情から生まれるモノでもイイってコトです。

 

 

そう考えると…

 

 

「自分に興味を持つ」って意外と難しくないと思うんです。

 

 

「自信がない自分に対して、興味なんて持てないよ…」と思う必要がないんですね。

 

 

「欠点だらけの自分とじっくり向き合うのは怖い」と思う必要もないんです。

 

 

そもそも、自分に欠点があると分かっている時点で、

 

 

自分に興味があるってコトですから。

 

 

自分に興味がなければ、自分の欠点に気付きませんから。

 

 

無関心貫いてますからね。

 

 

だから、「自分のこんな所が嫌だ。直したい」と思うのも「自分に興味を持つ」に繋がるんです。

 

 

「もっとこんな風になれたらイイのに」

 

 

「自己主張が出来ない自分が嫌い」

 

 

「自信を持ちたいのに持てない自分が情けない」

 

 

そんなネガティブな感情を抱くのも、自分に興味を持っている証拠なんですよ。

 

 

さんちゃんは常々、

 

 

自信を持つには、まずは自分を大切にして自分を好きになるコト!

 

 

と申し上げております。

 

 

ですが、「欠点だらけの自分を好きになれない」と思ってしまうのであれば、

 

 

いつまで経っても自信が持てないコトになってしまいますよね。

 

 

じゃあ、どうすれば自分を好きになれるのか、と。

 

 

それは、欠点を欠点じゃなくしてしまえばいいんです。

 

 

「欠点だらけの自分を好きになれない」

 

 

イコール

 

 

「欠点がなくなった自分は好きになれる」

 

 

ってコトですよね?

 

 

だから、欠点をなくせばいいんです。

 

 

「なくせるなら、とっくの昔になくしてるよ!」と非難されそうですが(笑)、

 

 

なくせるんです。

 

 

欠点を欠点として認識している「思考癖」を変えればいいだけなんですから。

 

 

「何を言ってるか分からない…」という方の為に、一つ例え話を。

 

 

これはさんちゃんのメンター的存在の人が言っていたんですが、

 

 

例えば、あなたが「氷のいっぱい入った水」を飲んだとします。

 

 

どう思いますか?

 

 

おそらく「冷たい」でしょう。

 

 

では、その水を飲んでどんな感想が出て来ますか?

 

 

連日暑い日が続いていますから、「美味しい。もっと飲みたい」という感想を抱く人がいるかもしれません。

 

 

一方で、「こんなに冷えた水を飲むとお腹を壊してしまうから、飲みたくない。常温がいい」という感想を抱く人もいるんです。

 

 

「氷のいっぱい入った水」の特徴は「冷たい」。

 

 

それを「良い」とする人もいれば「悪い」とする人もいる。

 

 

ただ、それだけのコトなんです。

 

 

あなたが「欠点」と思っている部分は、あなたの特徴に過ぎません。

 

 

その特徴を「欠点」だと認識している「思考癖」を変えればいい。

 

 

これが欠点をなくせる方法です。

 

 

自分の特徴を色んな角度から見つめ直せれば、欠点は欠点ではなくなります。

 

 

「一人では見つめ直せない!」と思うのであれば、さんちゃんにご相談下さいませ。

 

 

さんちゃん、人様の良い所を見つけるの得意ですから(笑)。

 

 

なぜなら、人様の良い所を見つけていると、さんちゃんが幸せだからです♪

 

 

興味がある方は、無料お試しセッションを受けてみて下さいね。

 

 

コチラからお申込み頂けます

 

 

ネガティブ思考でも幸せになれますよ!

 

 

なので、どんどん自分に興味を持って下さいませ!

 

 

れっつ!死ぬまで毎日ハッピーライフ!

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事