pexels-photo-594421

こんにちは、もしくは、こんばんは。

 

 

ハッピーライフ研究家/Be意識(びいしき)トレーナーのさんちゃんです。

 

 

今回は「罪悪感でいっぱいになる!」とお悩みの方に向けてお届けします。

 

 

罪悪感…罪の意識に苛まされる現象ですね。

 

 

すなわち「私は悪いコトをしている!」という気分になって辛い思いをする現象なんですが…

 

 

さて、ここでいつもの如く(笑)、質問です。

 

 

悪いコトって何ですか?

 

 

法に触れるコトですか?

 

 

誰かを傷付けるコトですか?

 

 

何かを壊すコトですか?

 

 

「悪いコトをしている」と認識している「悪いコト」とは

 

 

誰が「悪いコト」と言ったんですか?

 

 

世界中の人が全員「悪いコト」認定する内容なのですか?

 

 

そんなモノってありますか?

 

 

このブログでは何度もお伝えしておりますが…

 

 

世の中に絶対的な善悪、正解・不正解はない!

 

 

んです。(詳細はコチラ

 

 

つまり、あなたが「悪いコトをしている」と認識している「悪いコト」とは

 

 

相対的な悪なんです。

 

 

ただ、あなたが「悪いコトをしている」と認識しているだけに過ぎず、

 

 

事実でも正解でもないんですよ。

 

 

まずは、それを忘れて頂きたくないな、と。

 

 

もちろん、社会で生きていく上で、相対的な悪を見極める心は大切です。

 

 

法や秩序を守る精神を育む基盤になる訳ですからね。

 

 

ですが、相対的な善悪に縛られ過ぎると、ハッピーライフが送れなくなってしまうんです。

 

 

例えば、「嘘をつく」という行為。

 

 

後ろめたい気分になる人って多いですよね。

 

 

罪悪感を抱える最たる例と言えるかもしれません。

 

 

だけど、ご存知のように嘘には色んなタイプがあるんです。

 

 

例えば、余命宣告。

 

 

今でこそ状況は変わってきていますが、ひと昔前は本人に病名も宣告もしないという選択がありましたよね?

 

 

それはお医者さんや家族の配慮が生んだ「嘘」です。

 

 

この嘘は「絶対的に悪いコト」ですか?

 

 

自分の子供が友達から誕生日プレゼントをもらいました。

 

 

子供は内心「こんなのもらっても困るなぁ」と思ったけど、友達には

 

 

「ありがとう。嬉しいよ。大切にするね」と嘘の気持ちを伝えました。

 

 

友達に嘘をついたコトで子供が罪悪感を抱いていたら、

 

 

あなたは何て声をかけますか?

 

 

「友達に嘘をついてはいけません!今すぐ本当のコトを言って、謝ってきなさい!」と叱りますか?

 

 

「嘘をつく」という行為は法には触れませんが、「良くないコト」とされています。

 

 

相対的な悪と認定している人が多いからですね。

 

 

ですが、時と場合によって「その嘘はいいんだよ」と思うコトってあると思うんです。

 

 

変なハナシ、殺人だって同様です。

 

 

殺人行為は悪とされていますが、あなたが正当防衛だとみなした場合、その殺人は悪と断定しますか?

 

 

自分の子供が「この人は人を殺したから悪い人なの?」と聞いてきたら、

 

 

何て答えますか?

 

 

どんな出来事であれ、状況や立場が変われば、悪にも善にもなり得るんです。

 

 

それが絶対的な善悪はない!とさんちゃんが申し上げる根拠なんですね。

 

 

なので、罪悪感に苛まされる人は、まず!

 

 

自分が抱える罪の意識に対し、「絶対的に悪いコトじゃない」と言い聞かせて下さい。

 

 

さてさて…

 

 

そうと分かっても、罪悪感とは簡単に消え去ってくれません。

 

 

という訳で、もう少しお話を続けますね。

 

 

そもそも罪の意識がある、つまり、「自分は悪いコトをしている」と判断できる気持ちがあるなら、

 

 

悪いコトなんだから、止めちゃえばイイ。

 

 

そしたら、罪悪感はなくなるよ?

 

 

ってハナシなんです。

 

 

でも、止められませんよね?

 

 

だから、罪悪感を抱くんですよね?

 

 

では、なぜ「悪いコト」と分かっていて、止められないのか。

 

 

その理由とは…

 

 

自分が今以上に辛い思いをしたくないから

 

 

なんです。

 

 

詳しく説明しますね。

 

 

例えば、誰かに何らかの嘘をついているコトで罪悪感を抱いているとしましょう。

 

 

罪悪感をなくす為には、ホントのコトを話せば済むんですが…

 

 

ホントのコトは話せない。

 

 

それはなぜですか?

 

 

ホントのコトを言ったら、相手を傷付けるかもしれないから?

 

 

ホントのコトを言って、相手を悲しませたくないから?

 

 

ちゃいますよ、と。

 

 

「ホントのコトを言って、傷付いたり悲しんだりしている相手を見るのが嫌」

 

 

という心理が原因ですよ、と。

 

 

「悪いコトをしている」が前提な訳ですから、ホントのコトを言えば、相手から責められるかもしれません。

 

 

怒鳴られたり、怖い目に合ったりするかもしれません。

 

 

自分が大切にしているモノが壊れるかもしれません。

 

 

そんなのは嫌!そんな体験したくない!辛い思いしたくない!

 

 

と思う気持ちがホントのコトを話せない現状を作り上げているんです。

 

 

つまり、自己防衛なんですよ、罪悪感って。

 

 

罪悪感とは防衛本能が働いた結果なんです。

 

 

防衛本能は「本能」ですので、ごくごく当たり前の感情です。

 

 

だから、「自分が傷付きたくない!」と思うのは、とーーーーーっても自然な感情なんです。

 

 

むしろ、なくさないで下さい。

 

 

生命維持に関わりますから。

 

 

「自分が傷付きたくない!」と思う気持ちは大切にして下さい。

 

 

いや、ね。

 

 

時々「自分が傷付きたくない」と思う自分を否定される方がいらっしゃるので…

 

 

ままま、このハナシは別の機会でゆっくりさせて頂くとして。

 

 

罪悪感は防衛本能が働いた感情…というコトはですよ?

 

 

「自分を守りたい、自分を心地よい状態にしておきたい」という心理な訳ですよね?

 

 

つまり!

 

 

自分が幸せでありたい。

 

 

が罪悪感を抱く根底にあるんです。

 

 

幸せでありたい為に罪悪感を抱いているんです。

 

 

コレって矛盾してると思いません?

 

 

幸せでありたいから罪悪感を抱く。

 

 

罪悪感を抱くコトで苦しい思いをする。

 

 

苦しい思いをするコトで幸せを実感出来ない。

 

 

ほぅら!矛盾してる!

 

 

そんな訳で。

 

 

罪悪感でいっぱいだ!とお悩みの方には、

 

 

まず「何の為に罪悪感を抱いているか」をご理解して頂きたいな、と。

 

 

「罪悪感を抱くってゆーのは、本末転倒の行為なんだ!」をご理解頂けたらな、と。

 

 

さんちゃんは思っております。

 

 

つまりですね、

 

 

「絶対的善悪はナイ」とか「罪悪感の根底は幸せでいたい感情がある」とか

 

 

色々お伝えしましたけどね、何が言いたいのかと申し上げますとね、

 

 

罪悪感なんて抱かんでエエ…!!

 

 

というコトでございます(笑)。

 

 

今回のブログはこの一言に尽きるんですが、

 

 

「抱かんでエエ」と言われても抱いてしまう方がほとんどだと思いますので、

 

 

最後の最後で総まとめさせて頂きました(笑)。

 

 

「それでも罪悪感が消えなくて苦しい」「もっと詳しく知りたい!」とお考えの方は、

 

 

Be意識(びいしき)トレーニングを実施してみて下さい。

 

 

結局の所、罪悪感を作り上げているのも、その人の思考癖が関係しているんです。

 

 

なぜなら、「嘘をつく」行為がぜーんぜん気にならない人もいるからです。

 

 

だから、世の中から詐欺行為がなくならないんですよね。

 

 

罪悪感に苛まされる人は、とても常識的な方で、しっかりした教育を受けてこられた方です。

 

 

親御さんは素晴らしい子育てをなさったんだなと思います。

 

 

それはそれで大切にして頂きたいと思いますが…

 

 

要はバランスです。

 

 

あなたが幸せでいるコト。

 

 

それが何より一番大切だとさんちゃんは思っておりますので、

 

 

あなたを苦しませる思考癖は変えていきましょう!

 

 

れっつ!死ぬまで毎日ハッピーライフ!

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事