こんにちは、もしくは、こんばんは。

 

 

ハッピーライフ研究家/Be意識(びいしき)トレーナーのさんちゃんです。

 

 

今回は「自己肯定感が高い人」と「自意識過剰な人」の違いについてお伝えします。

 

 

自己肯定感とは「ありのままの自分を受け入れ、認める」というモノなんですが…

 

 

時々「ん?これは自己肯定感が高いと言うのか?」と思うケースがあります。

 

 

外国の歌のオーディション番組を観ていた時にも感じました。

 

 

歌い終わった後に、審査員からダメ出しされるとキレる人がいるんです。

 

 

ピーというサウンドが流れるような放送禁止用語をバンバン使って。

 

 

「私の歌の良さが分からないアンタたち、最低ね!」ってなモンなんでしょう。

 

 

自分の歌をイイと思う、つまり、自分で自分を認める行為な訳ですが、自己肯定感が高い人がそんなに他人を攻撃するのだろうか?と思ったんですね。

 

 

正直、さんちゃんは「自意識過剰だなぁ…」と思ったんです。

 

 

この自己肯定感と自意識過剰の違い。

 

 

そこんとこについて、本日はお伝えしたいと思います。

 

 

結論から言っちゃいますと!

 

 

善悪に縛られているか、縛られていないか。

 

 

の違いでございます。

 

 

自己肯定感の「ありのままの自分を受け入れ、認める」という行為に、良い・悪いという感情は付随しませぬ。

 

 

「これが私です」という感情のみで、それが良いとか悪いとかで語るハナシじゃないんですね。

 

 

つまり、自意識過剰になる場合は「これは良いコトでしょ!」が強いんです。

 

 

良いという気持ちがあるってコトは、悪いという気持ちも存在してしまう。

 

 

故に、ダメ出しされると「良いコトなのに、なんで悪いって言うの!?」ってキレてしまう訳ですね。

 

 

もちろん、ダメ出しされたら誰であれ、大なり小なり嫌な気分になると思いますが、

 

 

自己肯定感が高い人の場合、「あなたにとっては、そうなのね」で終わらせるコトが出来るんですよ。

 

 

間違っても、相手を攻撃したりしません。

 

 

「ありのままの自分をヨシ!」とする意味の「ヨシ」とは、「良い」ではなく「好き」の意味です。

 

 

「良し(よし)」ではなく「好し(よし)」ってコトですね。

 

 

好きというモノに対して、善悪感情は働きません。

 

 

なので、自己肯定感を高める際に、そこは履き違えたらあきませんで!と思っているさんちゃんでございます。

 

 

「自分の『良い』は絶対である」と思っていると自意識過剰になってしまう。

 

 

もちろん!それでいーのであれば、いーんですよ?

 

 

周りから「イタタタタタ…」と思われてても、ご本人が幸せを実感出来るなら、それでいーんですよ?

 

 

人の目を気にして生きる必要はナイんですし。

 

 

ただ、さんちゃんは善悪概念が強いとハッピーライフは送れないと思っています。

 

 

先述したように、自分の「良い」に反するコトに対して攻撃したくなっちゃいますから。

 

 

攻撃している時の気持ちはハッピーですか?ってハナシですから。

 

 

「ありのままの自分を受け入れ、認める」とは、言葉通りの意味なんですね。

 

 

受け入れ、認めるだけ。

 

 

そして、「良し」ではなく「好し」なんだと気付くだけ。

 

 

そうするコトで、自意識過剰にならず、自己肯定感を上げられるとさんちゃんは思っております!

 

 

参考にして頂けたら、幸いです♪

 

 

れっつ!死ぬまで毎日ハッピーライフ!

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事